芦屋ベンクリニック:Dr.Benの本音トーク!TOP
このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2016年09月12日(月)

スタッフの「3年後の自分」手紙をいただきました。 [クリニックにて]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

しかし、ハイレベルですね〜

週末が誕生日でした。
スタッフがお祝いを・・・
ひとりひとりが、「3年後の自分の夢」というテーマで、それぞれの便箋・封書で手紙のプレゼント!何か、今年は特別にしみました・・・
スタッフは家族です。みんなの「3年後の夢」を叶えてあげないと!
パワー湧きますね(^o^)
みんな、いつもありがとう!

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

ラブレターの山w

スタッフからの「3年後の自分」の手紙、
読みました
泣きました
20人の娘達の夢を叶えてあげなければ・・・
自分のリタイヤはもう少し延期ですね(^_^;)

Posted by 管理者 at 18時09分   パーマリンク

2016年08月24日(水)

クリニック納涼会:芦屋モノリスにて [クリニックにて]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「リンパのお話し講義」

昨日は月に一度の全体ミーティングです。
前回コラムにもアップした、「リンパのお話」を詳しく、医学的にしっかりと、スタッフに講義しました。
まさに「目からウロコ」が落ちたと、喜んでもらえました。
リンパ環流を改善する、正しいマッサージや、呼吸法、さらに食事などによる体内環境(細胞間隙)を改善する方法なども講義しました。
近日中に「免疫改善」の新しい施術メニューが出来上がると思います。

画像(134x180)・拡大画像(425x567)

オネエとスタッフ

ミーティング後は、恒例のクリニック納涼会でした。
昨年に引き続き
「芦屋モノリス」
で、今年はBBQとしました。
女子スタッフ14名+男子は小生のみ・・・

毎年、この時の写真を「遺影」にしてもらうようにお願いしています。
今年は、「オネエ」系の演出!
これを遺影にされては、たまりませんので、来年までは、元気で健康に過ごそう!と、決意を新たにできました!(笑)
制限時間2時間、いつもながら、当院の女子力は半端ありません。
すっかり食べ尽くし、かつ飲み尽くしました。

<健康業界、緊急内部告発>無料試聴キャンペーン

Posted by 管理者 at 16時00分   パーマリンク

2016年01月05日(火)

2016年頭にて [クリニックにて]

画像(134x180)・拡大画像(479x640)

皆様に新年のごあいさつを申しあげます。
本年も倍旧のお引き立てのほど御願い申しあげます。

ファミリーの初詣は例年どおりに西宮の廣田神社に伺いました。
思春期の長男が精一杯寄り添った状態で写真のごとくです・・・(笑)



旧年中は、
ニュースを見ない
新聞を読まない
雑誌を読まない
SNSには参加しない
パーティーなどにも出席しない
を通しましたが、生活になんら支障はなく、
いかに普段から、大局に関わりのない情報の洪水にさらされて生活していたのか?
を思い知らされる1年でした。

今年も、脇目はふらずに
健康で良い仕事をすることに集中したいと思います。

画像(134x180)・拡大画像(283x378)

本年度の芦屋ベンクリニックのアンチエイジングへの取り組みですが、
従来通りの、老化の三要素
1.皮下組織のボリューム減少→タルミ
2.皮膚そのものの張りと緊張の減少→シワ
3.色素異常や血管拡張による皮膚の色目の乱れ→シミ、赤ら顔
に対する、総合的なアプローチケアを根本的な方針としながら、


#@手術を選択していただけるゲストには積極的に各種リフトアップやリセットをまず最初に行ってもらう。
#A手術を選択されないゲストには、スレッド(糸)を効果的に配置することで、顔の基本構造の補強を行う。
#B基本構造の補強後にフィラー(ヒアルロン酸、コラーゲン)を使ってボリューム補充を行う。
#C光学機器やサイトカインを使ったメソ(ファインナパージュ)で皮膚そのもののリフレッシュとシミ、赤みなどの色目の調整を行う。
#Dメディカルエステ(インディバ、ペレヴェ、ピーリング)の定期的なフォローで、上記の@ABCで出来上がった状態を維持メンテナンスしていく。
#E体調やイベントに即した各種点滴で社会生活をサポートする。

という流れで、ゲストの皆様の若々しく健康な状態をキープするお手伝いをさせていただきます。

過去13年間、当院は一貫して総合的なアプローチを主体にしておりました。
流行の単独施術を希望されて来院されるゲストには、なかなか受け容れていただけないことで悩むこともありました。
世間やメディアでは、登場、注目されては消え去っていくような、単独の施術をあたかも万能のケアのように提供するという、どう考えても正しくないような施術サービスが流行してきたと思います。
どの機器が優れているか?
どの治療が優れているか?
などという不毛な議論ばかりでした。

大切なことは、老化の要素に対して
「どのように組み合わせるのか!」
です。

近年になり、「機器自慢」「単独施術自慢」のドクター達が、掌を返したように総合的なアプローチをうたわれるようになりましたが、
そこは「トータルケア」で10年以上のキャリアが「一日の長」である、
芦屋ベンクリニックの真価が発揮される時代になったのだと、内心喜んでいます。
「やっと、時代と業界が芦屋ベンクリニックに追いついてきたんだな!」
ということでしょうか・・・

私、卞 勝人が、トータルなお見立てさせていただきますので、どうぞ気軽な気持ちで御相談にお越しください。

<健康業界、緊急内部告発>無料試聴キャンペーン

Posted by 管理者 at 16時01分   パーマリンク

2015年09月14日(月)

クリニックヴィータのHPについて(6):糸をつかった「切らないリフトアップ」」の本当の適応について [クリニックにて]

画像(134x180)・拡大画像(283x378)

9月10日で57歳になりました。
ダイヤモンド経営者倶楽部の会合で、お祝いをしていただきました。
クリニックのスタッフからは、それぞれに「お手紙」をいただきました。
書いているときのスタッフの心情を察すると・・・
「ワクワク」しながら?
「プレッシャー」に感じながら?
「面倒くさい」と思いながら?
「大人のフリ」をしながら?
心を開けずに「お約束!」の定型文?
リップサービスに隠されたスタッフの心を
楽しませていただきました(笑)

書斎にかかげてる座右の銘は2つ・・・
「泰然自若」

「岩もあり木の根もあれどさらさらと たださらさらと水の流るる」

今年は、極めたいです。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

<ページ10>
<糸をつかった「切らないリフトアップ」の本当の適応について>
「切らないリフトアップ」は、いつでもゲストの注目の的です。
医療用の糸をつかった手術には長い歴史があります。
クレオパトラが「金の糸」で若返りをしていた・・・のも有名な話しです。
ケーブルスーチャー、アプトス、ワプトス、カンタースレッド、ハッピーリフト、3Dリフト・・・等々 いろいろな手術を経験してきましたが、糸につけた小さなトゲで皮下組織を引っかけてリフトするという考えは好ましくないことが分かりました。
「糸で引き上げる」という考えが間違っているのです。
引っかかり程度では、数ヶ月以内に後戻りしてしまいます。 糸はボリューム効果で張りを出すように使うのが好ましい考え方です。
いわば、弛んだ皮膚に対して、 ハンモックのように支えてたり テントの屋根の梁(はり)のように、しぼんだ皮膚を持ち上げるという感覚です。
「自分流」では、医療用の数センチの極細吸収性の糸を使用した「ショッピング・スレッド」が最も好ましい手術と考えています。
この手術を啓蒙されておられる医師自身が、「どんな方向でもいいから、とにかくたくさんの糸をいれることが効果的です」と講演されているようですが、 納得できません! 「自分流」では、フェイスリフトで得られた知見を活かして内から外、下から上へと糸を入れていきます。
1本1本の糸を止血剤に浸してから使用しています。 工夫の効果ははっきり結果に現れます。
少しは腫れますし、皮下出血斑が全く出ないわけではありませんが、 当日でもマスクをする程度で本当にショッピングにでかけられると思います。
頬やこめかみなどのボリュームが減少した部分に張りが出て、たしかにリフトアップしたように見えます。
毛穴が目立たなくなり、皮膚の肌理まで整います。
法令線やマリオネットライン、さらにゴルゴラインなども改善できます。
通常、全顔で100本程度の糸を使いますが、部分的に数本ずつの施術にも十分応用できます。
適応部位と改善メカニズムを正しく理解して手術すると良い結果が得られて、 それが2年ほど維持できる優れた手術です。

Posted by 管理者 at 16時11分   パーマリンク

2015年09月05日(土)

クリニックヴィータのHPについて(5):上眼瞼で心がけていること [クリニックにて]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

思索に行き詰まると、気分転換として
クリニックの
元「診察室?」
現在「書斎?」
のパソコンのフライトシュミレーターをつかって、世界中の空を旅してまわります。
グーグルアースに無料でついているアプリケーションですから、パソコンをお持ちの方なら誰でも無料で今すぐに利用できます。
セスナと戦闘機を選べます。
ただし、キーボードの操作では微妙な動きができません!
ジョイスティック型の操縦桿は別途購入しました。

本日は与論空港に着陸成功!!
ランディングギアダウン
スロットル絞り
フラップ20
ピッチは10度レートは浅く〜〜〜!!!
支えるんだー!!!
今日も「無免許」機長の雄叫びが・・・(笑)

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

<上眼瞼で心がけていること>
上眼瞼は、顔の印象にとって大切な部位です。
瞳と瞼の位置関係は、その人の印象を決めるのではないでしょうか・・・
上眼瞼こそ、「その人らしく」ナチュラルに若返りをさせたいところです。 もともとの二重瞼のライン、皮膚の質感、皮下脂肪・眼窩脂肪の状態、眼輪筋作用、 とりわけ、瞼板と眼瞼挙筋・ミュラー筋の状態、等々をしっかり診察で見極める必要があります。
私自身も、経験の浅い頃は、「きれいな二重瞼」にして「たるんだ皮膚」を切除すればいいんだ! などと浅はかな考えで施術していたかもしれません。 「自分流」の上眼瞼の若返り手術では、その人らしいナチュラルさに集中して手術方法を選択させていただきます。
リフトアップ手術のように、徹底的にやるのとは反対の考え方といえるかもしれません。
基本的には全切開法で眼瞼挙筋と眼窩脂肪の調整を検討しますが、 プチ整形とよばれている、「埋没法」や「小切開法」も積極的に選択させていただきます。
特に「小切開法」は、縫合の状態が解剖学的に理に適っているので、好んでいます。
ほんのわずかなアクセントとニュアンスの変化をくわえるだけで、ぐっと若返らせることができることが多い部位です。
年齢の若い方への、美的ファッションとしての上眼瞼手術の場合は、将来的に、何らかの修正や好みのラインの変化が起こることを想定して手術いたします。
できるかぎりデリケートに組織を温存して「将来のニーズにそなえる」ことが「自分流」のいきついた考え方です。

Posted by 管理者 at 11時30分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

スタッフの「3年後の自分」手紙をいただきました。

スタッフの「3年後の自分」手紙をいただきました。

【緊急】アメリカ大統領選挙の真相

【緊急】アメリカ大統領選挙の真相

関西美容医師会

関西美容医師会

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
医療法人社団 芦屋ベンクリニック Copyrightc 2006 benclinic All Rights Reserved.