芦屋ベンクリニック:Dr.Benの本音トーク!TOP
このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2015年09月05日(土)

クリニックヴィータのHPについて(5):上眼瞼で心がけていること [クリニックにて]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

思索に行き詰まると、気分転換として
クリニックの
元「診察室?」
現在「書斎?」
のパソコンのフライトシュミレーターをつかって、世界中の空を旅してまわります。
グーグルアースに無料でついているアプリケーションですから、パソコンをお持ちの方なら誰でも無料で今すぐに利用できます。
セスナと戦闘機を選べます。
ただし、キーボードの操作では微妙な動きができません!
ジョイスティック型の操縦桿は別途購入しました。

本日は与論空港に着陸成功!!
ランディングギアダウン
スロットル絞り
フラップ20
ピッチは10度レートは浅く〜〜〜!!!
支えるんだー!!!
今日も「無免許」機長の雄叫びが・・・(笑)

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

<上眼瞼で心がけていること>
上眼瞼は、顔の印象にとって大切な部位です。
瞳と瞼の位置関係は、その人の印象を決めるのではないでしょうか・・・
上眼瞼こそ、「その人らしく」ナチュラルに若返りをさせたいところです。 もともとの二重瞼のライン、皮膚の質感、皮下脂肪・眼窩脂肪の状態、眼輪筋作用、 とりわけ、瞼板と眼瞼挙筋・ミュラー筋の状態、等々をしっかり診察で見極める必要があります。
私自身も、経験の浅い頃は、「きれいな二重瞼」にして「たるんだ皮膚」を切除すればいいんだ! などと浅はかな考えで施術していたかもしれません。 「自分流」の上眼瞼の若返り手術では、その人らしいナチュラルさに集中して手術方法を選択させていただきます。
リフトアップ手術のように、徹底的にやるのとは反対の考え方といえるかもしれません。
基本的には全切開法で眼瞼挙筋と眼窩脂肪の調整を検討しますが、 プチ整形とよばれている、「埋没法」や「小切開法」も積極的に選択させていただきます。
特に「小切開法」は、縫合の状態が解剖学的に理に適っているので、好んでいます。
ほんのわずかなアクセントとニュアンスの変化をくわえるだけで、ぐっと若返らせることができることが多い部位です。
年齢の若い方への、美的ファッションとしての上眼瞼手術の場合は、将来的に、何らかの修正や好みのラインの変化が起こることを想定して手術いたします。
できるかぎりデリケートに組織を温存して「将来のニーズにそなえる」ことが「自分流」のいきついた考え方です。

Posted by 管理者 at 11時30分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.ben-clinic.net/blog_ben/tb.php?ID=411

ページのトップへ ページのトップへ

9

2015


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PHOTO

炎の偶然で<エゴ>を楽しむ陶芸

炎の偶然で<エゴ>を楽しむ陶芸

最近、政治がパロディになっていませんか・・・?

最近、政治がパロディになっていませんか・・・?

ニコレイ号の洗車

ニコレイ号の洗車

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
医療法人社団 芦屋ベンクリニック Copyrightc 2006 benclinic All Rights Reserved.