芦屋ベンクリニック:ドクターズ・コラム[アネックス院長&本院院長のコラム]!TOP
このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2009年09月08日(火)

形成外科の縫合ー真皮縫合2ー [形成外科]

 真皮縫合を行うことのメリットは?
2つあります

    皮膚同士が、しっかりとした真皮という組織で
   しっかり縫われています。

 一. このことで、傷がちょっとやそっとでは開きません。
   ですので、表面を縫った糸の抜糸が短期間でできます。

   この結果、縫合糸痕(スチャーマークと呼びます)のない
   線の傷になります。

 

画像(180x120)・拡大画像(600x400)

雑誌 形成外科より

二. 縫った糸の力は、2ヶ月以上続きます。
    この力で肌の張りに抵抗して、3〜6ヶ月後には
   線状の細い傷になるようにします。  
  


 ここでさらにひと工夫します。
縫う場所の肌の張りにあわせて傷を少し盛り上げるのです。
こうしておくことで、余裕をつくっておいて半年後に
きれいな傷になるようにします。

 このように、半年後の結果を想像しながら傷を縫ってゆくので
我々、形成外科は傷をきれいにできるのです。

Posted by 管理者 at 01時53分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.ben-clinic.net/blog_dr/tb.php?ID=95

ページのトップへ ページのトップへ

9

2009


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PHOTO

ゴールデンウィークの通天閣

ゴールデンウィークの通天閣

シミ除去にお二人・・・

シミ除去にお二人・・・

休日・・・・

休日・・・・

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
医療法人社団 芦屋ベンクリニック Copyrightc 2007 benclinic All Rights Reserved.