芦屋ベンクリニック:ドクターズ・コラム[アネックス院長&本院院長のコラム]!TOP
このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2009年08月31日(月)

たるみ <上まぶた>その2 [成院長からの一言]

先日は眉下切開による上眼瞼除皺術をお伝えしました。

今回はもう一つの上まぶたのたるみ改善手術(眼瞼の余剰皮膚の切開による除皺術)について、述べます。

この切開術の良いところは、二重の線に沿った痕(キズあと)だけが残り、目立たないところです。二重の線のある方は、その部分を利用して、また一重の方は新たに二重を作る手術として受けていただけます。こちらの手術も上まぶたの皮膚(たるみ)を紡錘形に切除して余剰部分を取り去ります。

眉下切開よりは、手術直後のまぶたの腫れは大きくなりますが、目を開けている状態では、目の周囲にキズあとは全く見えません。すっぴん状態でも問題なしです。

どちらの手法でも仕上がりは自然な状態に落ち着きますが、個々のたるみ部分、たるみの量、たるみのかぶさる状態により、どちらの手術が適しているかを判断しています。

たるみを取った後(上眼瞼除皺術後)の爽快感は、皆さん大変満足していただいています。

もしその爽快感を手術前に少し味わいたい方は、たるみ部分の皮膚をテープで上方に引き止めてみて下さい。(たった数分でも)
心地よい視野を感じ取れると思います。さあテープのご用意を・・・?!

画像(172x180)・拡大画像(306x320)

Posted by 管理者 at 18時37分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.ben-clinic.net/blog_dr/tb.php?ID=89

ページのトップへ ページのトップへ

8

2009


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

おめでとうございます。

おめでとうございます。

埋没手術において

埋没手術において

2012年 ありがとうございました。

2012年 ありがとうございました。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
医療法人社団 芦屋ベンクリニック Copyrightc 2007 benclinic All Rights Reserved.