芦屋ベンクリニック:ドクターズ・コラム[アネックス院長&本院院長のコラム]!TOP
このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2009年09月01日(火)

スキンリサーフェシング [ドクター・ブンのつぶやき]

 話の続きで スキンリサーフェシングについて

 リサーフェシングとは、
  re:再生  surface:平らにする、表面化する   
の組み合わせで、肌の表面を削って肌を若返らせる治療のことを指します。
最も身近なのは、ピーリング(ケミカルピーリング)でしょう。フラクセルやブリッジセラピーは、レーザーでのリサーフェシングの治療となるのでしょう。


 このリサーフェシングの治療効果は?
   シミ
   しわ
   たるみ  ・・・
  肌の老化の改善になります。

となると、どうしてもより高い効果を望まれますよね
ですので、治療も徐々に強くエスカレートしてきます
  ディープピーリング
  ブルーピール
  サイトンレーザー     などです。
アメリカを中心にこれらの治療が次々に開発されてきました。
 ”サイトンレーザー”は、アメリカでは KING OF LAZER とまで呼ばれるほどでした。
 KING ! ですよ。

 しかし、日本を含めアジア圏では・・・・・   
でした。
なぜでしょうか?
 肌の違いからです
 @色素沈着
  我々の肌は、強い治療を行うとその後日焼け後の
  ような赤黒くなった状態が半年ほど続く
 A瘢痕形成
  我々の肌は、傷を残しやすい
結果、これらのダウンタイムと呼ばれる期間が長いのです。

 一方、白人の肌はこれらの症状は、起こしにくいのです。
ですので、白人は強い治療が行えますし、安全に効果を享受できます。

ですので、
 話は聞いたことあるよ!
 あれ?でも、見たことはない!
という方がほとんどではないでしょうか?

サイトンレーザーに続いて登場した、”パール”というレーザー機器もありましたが、最近はどうしているのでしょうか?


画像(180x120)・拡大画像(640x427)

フラクセル照射

 では、フラクセルは?
と言いますと、
 これらの副作用を最低限に抑えるために、ミニマムダウンタイムという発想から治療を面ではなく、点の集まりにしようと開発されました。
これが、フラクショナルレーザー 達です。
手術以外で、やっとミニマムのダウンタイムが
数年前よりOKになってきたところでしょう。

  
色素沈着とは、このようなものです。
ちょうどテストで、フラクセルUをアグレッシブに手の甲に照射して1カ月目です。
ごらんください。

Posted by 管理者 at 16時53分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.ben-clinic.net/blog_dr/tb.php?ID=88

ページのトップへ ページのトップへ

9

2009


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PHOTO

暑いですね

暑いですね

おめでとうございます。

おめでとうございます。

たるみ <上まぶた>

たるみ <上まぶた>

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
医療法人社団 芦屋ベンクリニック Copyrightc 2007 benclinic All Rights Reserved.