芦屋ベンクリニック:ドクターズ・コラム[アネックス院長&本院院長のコラム]!TOP
このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2008年03月17日(月)

フラクショナルレーザー [ぶんの学会・セミナー報告]

 まだまだ、フラクショナルレーザーの新型ラッシュは続いておりますね。
 3/15土曜日に医療機器のメディカルU&A社が、行ったダーマブレートという新しいフラクショナルタイプのレーザーのセミナーがあり参加して参りました。
イタリアはカタニア大学形成外科教授であるDaniel Cassuto MDの講演と実際のレーザー照射という内容でした。ダーマブレートはドイツAsclepion社のレーザーで、レーザーの種類は波長が2940nmのEr:YAGレーザーで169個のミクロ単位の穴を7x7mmか13x13mmの大きさの皮膚に開ける事でフラクショナルレーザーとしての照射面積を決定するというものでした。以前フラクセル導入時に当院でしばらくデモ機をお借りしテストしたAlma社のピクセルとほぼ同じものでした。あえて違いを述べるとすれば、どちらの機械も全く動かず同じ場所で何回も照射することで深くまでレーザーを届かせるのですが、ダーマブレートは手に収まる望遠鏡のような形をしていて一見格好は良くないのですが、そこはドイツ製で安定しており、ピクセルよりはるかに確実に同一部位の照射ができるようになったことかと思います。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

照射3日目の状態

右ほほに照射した感想といたしましては、照射の際の痛みは少ないのですが、後で見るとレーザーの一つ一つが大きくてミクロのレーザーというよりはミリぐらいの大きさに感じてしまいます(実際に照射した僕の右ほほの写真をご覧ください)。本日で照射3日目ですが、フラクセルはほぼ赤みのみであるのに比較して、スタンプを押したような状態でダウンタイムの恥ずかしさがあります(本日、御来院の皆様をかなり驚かせましたし、フラクセルを見慣れてる当院のスタッフ達にも、テープを張っているようだとびっくりされました)
所々、隙間があるのは照射ムラで、フラクセルがスキャナー方式というローラーで転がしながら一定にムラなく照射する方式を特許を取得してしまった為に、他の製品は全てこのスタンプ方式という1発1発照射してゆく方式を取らざるを得なくなってしまい、格子状にムラができてしまいます(これは照射を重ねることで判りにくくできます)。
ピクセルにしてもこのダーマブレートにしても、フラクセルの廉価機種であることは否めず、色々な面で正確性に欠くというやむ得ない面を持ち合わせております。

いずれにしろ、フラクショナルレーザーのブームはまだまだ続くと思われます。日々開発されていますので、ニキビ跡や傷跡に現状最も効果的と思われるフラクセルを超えるレーザーが出る日も数年したら来るのでしょうかね?
僕自身もアファームに始まり、ピクセル、フラクセルU、そして今回のダーマブレートで実際に施術を受けたものは4機種となりました。今回の経過はいかがでしょうか?
御覧になりたい方は、お声かけください。すぐにわかりますので!


Posted by 管理者 at 20時34分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.ben-clinic.net/blog_dr/tb.php?ID=53

ページのトップへ ページのトップへ

3

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

日本抗加齢医学会セミナー

日本抗加齢医学会セミナー

モデル選考会

モデル選考会

チョコレートはDNA損傷を防ぐ

チョコレートはDNA損傷を防ぐ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
医療法人社団 芦屋ベンクリニック Copyrightc 2007 benclinic All Rights Reserved.