芦屋ベンクリニック:Dr.Benの本音トーク!TOP
このサイトを友人に紹介する お気に入りに追加

2007年01月27日(土)

エレクトロポレーション<メーカーの詭弁> [美容医療界]

最近、多くの美容クリニックで、従来のイオン導入に代わる機器として「エレクトロポレーション」という電気的な振動で細胞に穴を開ける技術を「謳った」機器が使用されています。
次世代治療「針を刺さないメソセラピー」との期待も高まっています。

「イソダーム」「トランスダーム」「アクシダーム」・・・etcなどの製品名で、エレクトロポレーションの新しい機器として売り込みに必死です。
従来のイオン導入では浸透させられない高分子のヒアルロン酸やコラーゲンをはじめ有効成分が皮膚に導入できる・・・という「メーカーの弁」を信じて、
「リフトアップができます」などと患者様に説明している先生がおられます。
使用する溶剤はメーカーが販売しているものです。

しかし、待ってください
メーカーが言うように、「エレクトロポレーション」作用があるなら、細胞膜に穴を開けることになります。細胞の中にまで溶剤が入り込むのですから、

体内に注射しても構わない医薬品レベルの薬剤でないと危険です

コラーゲンの分子量(大きさ)は30万以上と巨大です。
コラーゲンは種差が大きく、細胞内に入れるなら、「人」の皮膚のコラーゲンしか無意味です。
溶剤に「人」のコラーゲンを用いているものは皆無です。
コラーゲンの大きさが細胞内に入るなら、ほとんどの異物はそれより小さいので、全て入ります。
ましてや防腐剤が入っている、一般の化粧品を使用する事は許されないはずです。
危険極まりない施術です。
しかし、現実はどうでしょう・・・・?
もし、本当に深部の皮膚細胞に取り込まれるなら、コスメレベルでは異物が多く、アレルギーは必発のはずです。

実は、これらの機器の一部はメディカル機器として紹介される以前に、国内のエステサロンに流通して、一般的なコスメレベルの溶剤を導入された歴史・実績があります。既にエステで昔から使用しているところもあるようです。
現在でもエステサロンで、不純物たっぷりの溶剤をエレクトロポレーションとして導入しています。
メーカーはこの事実を隠しています。いかにも新しく医療用に輸入されてように医師に売り込んできます。
過去に流通したときは、市販の化粧品使用しても特に異常の報告はなかったようです。

理論通りに高濃度で浸透すれば起こるはずの不都合が実際には起こらない・・・?
理論と実際の矛盾です。

メーカーは平気で嘘をつきますが・・・
ドクターが嘘をついては困ります。
高分子が肌の奥まで浸透するのなら、コストが掛かっても、せめて注射できる品質のフィラーを使用するべきです。
ところが、ドクターによっては、メーカーが販売する、実際には注射はできそうにない溶剤も使用しています。
1回の施術に溶液が数cc以上必要ですから、10000〜20000円のコストで注射用のフィラーや本物のメソセラピー用の薬剤が使用できるとは思えません。知り合いのドクターで本物の注射用のメソ溶剤を使用されている先生は顔で1回70000円です、溶剤の原価と必要量からして妥当なコストだと思います。

従来のイオン導入は細胞に穴を開けるような危険な施術ではありませんから、コスメレベル品質のものが使用されることもあります。

メーカーはデモンストレーションとして瞬時のリフトアップを体験させてくれます。
当院でも1カ月新しい機器を借りて、自分やスタッフの肌で様々に試用してみました。
結論は、
メソセラピー用の薬剤を使用した場合の効果は、残念ながら注射にはおよびません。
リフトアップ効果はヒアルロン酸やコラーゲンなどの高分子薬剤が深部まで浸透するからではないと思いました。持続期間が短過ぎます。
角質や表皮など、皮膚の浅い部分に浸透することによる保湿効果と、従来のイオン導入の効果、そしてメインはエステティック・マッサージの効果だと判断しました。
瞬間にリフトアップさせて数日持続させるくらいはエステでは常識です。
インディバだけでも十分に得られる結果でした。
せめてメソセラピーに匹敵する性能が認められるまで、当院への導入は見送りました。

メーカーは実験レベルで高分子が真皮まで浸透しているデータなどを示しますが、実験と臨床は違います。エレクトロポレーション自体は実験的に確立されている技術ですから、実験データがあるのは当然です。
メーカーが深部導入の実証としている「ヘパリン」は分子量が3000のものです。
医薬品の皮膚外用剤が塗るだけで、深部まで浸透する大きさの分子があるように、エレクトロポレーションなどしなくても、楽々浸透する物質です。
我々が普通に処方する外用剤の「ヒルドイドクリーム」は塗るだけでヘパリンが浸透します。

有名大学の実験は、元々塗るだけで浸透する医薬品を、さらに有効に浸透させる実験です。
医薬品を導入しているのであって、
美容目的のコスメ成分を導入しているわけではありません。
ましてや、種差のある、異物のコラーゲンを細胞内に導入するなんて犯罪に近いものです。
美容で通常行われる、注射で注入するフィラーは細胞内には入りません。
あくまでも細胞と細胞の間です。

現時点で<メーカーの詭弁>に乗るわけにはいきません。
メーカーは機器を売り込んだのち<消耗品の自社取り扱い薬剤>で一儲けしたいだけだと思います。
一部の機器で米国FDA認可と称しているものがありますが、従来の「イオン導入機」としての認可です。いかにも新しいエレクトロポレーションで認可されているように見せかける<メーカーのごまかし>です。
実証はあくまでイオン導入と同レベルです。
現行の性能では、高価なメソセラピー用の薬剤を使用することはできません。

もう一度言います
「エレクトロポレーション」自体は生物学の実験でも確立しています。
人間の皮膚で臨床的に実用できるかどうかの話です。

最新のメディカル専用機器である<メソアクティス>の添付データでは、
実験で導入が検証されているのは、僅か1μmの深さ、
すなわち、0.001mmの深さでの導入率の比較実験結果でした。
表皮の角質層すら超えない、お話しにならない浅いレベルです。
なぜ、わざわざこんなに浅いレベルでの比較検討をするのでしょうか?
グラフにして、他の導入方法と差を強調できるからなのではないでしょうか?
「差を見せるための意図的な実験」を疑います。
この実験データを自らのホームページで紹介しながら、臨床に有効と説明しているドクターもおられますが、科学者としての良識を疑います。
おそらく単位や条件を確認されていないのでしょう・・・
実験としては意味があっても、臨床では意味のないデータです。
見せかけで都合のよい小さな単位を選んだデータをそのまま信用して、表皮や真皮に高分子が導入されると説明するドクターのモラルが分かりません。
すくなくとも研究に従事したドクターなら、実験データは、まず条件と、単位などを確認します。臨床的には意味のない実験はいくらでもあります。
当院の卞 勝人と成 耆徹は医学博士です。

又、ヒアルロン酸を高分子と説明しているドクターは、ヒアルロン酸の構造式を知らないのだと思います。ヒアルロン酸は2種類の糖質の無限の繰り返しです。低分子から高分子まで自由自在に作れます。
ヒアルロン酸でも、ドクターベンが特許を使用して、販売している
ヒアロハイブリッド<シンプルヴェール・セラム>は分子量800ですから、塗布するだけで、真皮はもちろん、基底細胞の細胞膜のチャンネルを通過して、酵素で再び連結されて、細胞の間に分子量40000以上の高分子で再合成されます。
分子量の小さなヒアルロン酸も存在しているのです。

コラーゲンという巨大分子が導入されるなら、皮膚表面のあらゆる有害物質、細菌毒素、汚染物質もらくらく導入されてしまいます。
都合の良い成分は深部まで導入されると言い
都合の悪い成分は、無視して話題にしない・・・
デタラメな屁理屈です。
実際に「エレクトロポレーション」には選択性がないので、汚染物質も全て細胞に入ってしまいます。完全に皮膚を滅菌・消毒しての導入は現実には不可能です。

#汚れた皮膚に<サロンパス>を直接貼っても、何ら問題ありません。有効成分のみが深部に浸透します。

#汚れた皮膚をメスで切開したり、。針を深部に刺しても問題ありません。細胞の膜を壊すことはなく、細胞に影響を与えることもありません。

#汚れた皮膚で<エレクトロポレーション>を行うことは、もし本当に高分子が細胞を破壊しながら深部に導入されるなら、問題だらけになります。選択性がなく、皮膚表面のあらゆる物質を細胞の中に押し込むことになるからです。皮膚表面には汚染環境因子、有害物質、常在菌が溢れています。
そもそも、角質も細胞間結合も、もちろん細胞膜も、自分に必要な物を選択して、自分で選んで、取り入れるか・入れないかを決めている。優秀なバリアなのですから、電気で揺さぶって、デタラメに穴を開けて、<コスメレベル>でつくった溶剤を無理矢理に入れ込むなど、まさしく
<皮膚への強姦>
です。

しかし、前述のごとく、浸透に差が出るのが、わずか0.001mm(千分の1ミリメートル)の浅さなら安心です。角質層さえも超えません。
安心ですが、深部深達で説明されている臨床効果も皆無です。
0.001mmならコスメを塗布するのと何ら変わりありません。
これなら、実際にエステサロンや家庭機器で<エレクトロポレーション>を行っても安全です。実際に問題は起きていません。

もしも深部まで入っているなら、危険極まりない施術
入っていないなら詐欺の施術
いずれにしても、何百万円もする機器を購入する意義が不明です。

今までにエレクトロポレーションを受けられた方は、是非、担当ドクターに、使用されている溶剤を自分に皮下注射できるか尋ねてみてください。
深部導入されると説明されているのですから、
皮下注射できない溶剤なら、危険極まりないことになります。
注射できない溶剤を、細胞膜を壊しながら「深部に導入しています」と説明しているなら、トラブルが生じた場合には医療過誤になるのではないでしょうか?

「生体バリアの細胞膜や細胞間結合を壊して深部に押し込む」
「注射できるスペックでない溶剤を導入している」
「選択性がなく、皮膚表面に元から付着する、有害物質も押し込む」
メーカーの方に、これらの疑問を投げかけても、いつも回答は頂けません。
回答は頂けないまま、
「とにかくデモで使用してみて下さい」
「多くの施設で、有名なドクターが使用しています」
と迫ってこられます。
ベンクリニックでは、納得の行かない機器を導入したことはありませんので、丁寧に辞退させていただいております。

リフトアップやタイトニングを示しているビフォーアフターの写真ですか・・・?
「無意味」です。効果の実証にはなり得ません。
例えば、何も施術などせず、「往復ビンタ」で顔を叩いて、保湿さえすれば2日間ほどはリフトアップやタイトニングさせることなど造作もないことですから・・・
角質の保湿と浮腫を起こさせる行為なら、何であっても瞬時のリフトアップとタイトニングは可能です。
インディバでも、イオン導入でも、フォトでもポラリスでも・・・
温冷効果と保湿を利用したパックだけでも可能です。
他に何らの施術をせずに、1カ月経過しても、リフトアップやタイトニングが持続しているなら、深部導入も信じることもできるのですが・・・

インターネットでは、家庭用のエレクトロポレーション機器の販売オンパレードです。
欧米本国でエステサロンや家庭用扱いの程度の機器を、我が国のメーカーがあたかも「メディカル専用機器」のようにドクターに売り込むことは「国家の品格」に関わることだと思います。
それでなくとも、美容医療の品格が問われている時代なのですから・・・
<健康業界、緊急内部告発>無料試聴キャンペーン

Posted by 管理者 at 13時59分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.ben-clinic.net/blog_ben/tb.php?ID=54

ページのトップへ ページのトップへ

1

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

ドリーバーデン出動・第2弾:オートキャンプ

ドリーバーデン出動・第2弾:オートキャンプ

我が家のクリスマス

我が家のクリスマス

操る人しだい、なのでは・・・?

操る人しだい、なのでは・・・?

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
医療法人社団 芦屋ベンクリニック Copyrightc 2006 benclinic All Rights Reserved.